2006年 11月 01日
甕家の墓所
b0005708_171758.jpg安曇野市三郷の長尾地区にある"甕家の墓所"です。
「甕」の読み方ですが、この場合は「かめ」ではなくて「もたい」のようです。

話がそれますが、「甕」=「もたい」ということで、やはり安曇野市三郷にある醸造所"「務台(むたい)酒造店」"を連想してしまったのですが、両家の間にはなにか関連があるのでしょうかね〜。

墓所にある説明板によると、甕家は1642年〜1704年の間、4代にわたって組手代を勤めたそうです。
で、3代目の忠左衛門が重要で、この人が組手代の時に「貞享騒動」が起きたわけです。

この3代目の忠左衛門(初代も忠左衛門です)は、やはり「貞享義民」のひとりなのでしょうか?
このことについて、説明板には何も書かれていませんでした。
ですが、「貞享騒動」に大きく関わっていた人物でしょうね、やはり。

そして、忠左衛門の墓は手前から2番目だそうです。

「貞享騒動」については、こちらをご覧ください。
『安曇野の風景と暮らし.lw・「貞享騒動」』
『安曇野の風景と暮らし.lw・「三郷」』
[PR]

by azumino_sky | 2006-11-01 17:38 | 安曇野の写真(下記分類以外)


<< クリップタイプの"i...      きょうの安曇野は・・・ >>