2006年 11月 29日
大白川林道
松本市安曇の国道158号線に接続する大白川林道で女性の焼死体が発見されるという事件が発生しました。
『信濃毎日新聞・「松本の林道に焼けた女性遺体 死体遺棄容疑で捜査」』

松本からだと、国道158号線が梓湖に出るトンネルの手前にあるヘアピンカーブの所に大白川林道の入り口があります。

林道とはいっても先にある"入山"地区方面(途中で分岐があります)へは全線舗装されていて、自分もかつて何度かバイクで通ったことがあるんですよね〜。
こうした事件が起きるとは驚きです。

バイクでここを通るのは、"入山"地区を訪れるためです(奈川方面からの道のほうが整備されています)。
梓湖を見下ろす高台にこの"入山"という小さな集落があるのですが、国道を通るドライバーやライダーでこの集落の存在に気づく人は滅多にいないのではないでしょうか。

勝手に「隠れ里」のようなイメージを抱いて数年に一度くらい訪れてみるのですが、住んでいる人にとっては迷惑なことかもしれませんね。

2003年10月に訪れた時の写真があります(文中では旧町村名のままになっています)。
『旅の風景・04・「入山集落」』
[PR]

by azumino_sky | 2006-11-29 20:52 | オートバイ・ツーリング


<< ニンジンの収穫      ネギの収穫 >>