2004年 10月 24日
国道158号線でオートバイの死亡事故
「90分のプチツーリング」で触れた国道158号線。

松本市と岐阜県高山市とを結び、途中には上高地や乗鞍高原、白骨温泉といった長野県を代表する観光地があるのですが、それにもかかわらず、長野県側の路面状態はあまりにもお粗末です。

24日の『信濃毎日新聞』によると、23日の午後二時頃、上高地方面にオートバイで向かっていた44歳の男性が"親子滝トンネル"内で転倒、搬送先の病院で死亡したそうです。

転倒の原因は定かではありませんが、警察によるとトンネル内の路面は濡れていたとのことです(いつものことですが・・・)。

紅葉シーズンを迎えて、この158号線を利用するライダーはかなり多いと思いますが、くれぐれも気をつけてください。
[PR]

by azumino_sky | 2004-10-24 19:12 | オートバイ・ツーリング


<< リンゴ箱      梓川村"下島橋&qu... >>