カテゴリ:┗JR大糸線( 19 )

2006年 12月 03日
大糸線普通列車
b0005708_22292233.jpg写真の右側(北側)に向かって走っているJR大糸線の普通列車です。

とくに何かを狙って撮ったというわけではありません。
背後の山を眺めている時に、たまたま列車が通りかかったので一枚撮ってみた次第です。

そういえば、JR大糸線の南小谷駅〜糸魚川駅では以前から国鉄時代の車体色にした列車を走らせていますが、今度は黄色と青の組み合わせの列車が登場したようです。
『信濃毎日新聞・「旧国鉄色「黄青」登場 JR西が大糸線で記念運転」』
なかなか楽しい企画ですよね〜。

『安曇野の風景と暮らし.lw・「大糸線」』
[PR]

by azumino_sky | 2006-12-03 22:38 | ┗JR大糸線
2006年 10月 18日
JR大糸線 有明駅
b0005708_19163925.jpgきょうは自転車で安曇野内を30kmほど走ってきました。
その時に撮った写真です。

駅舎の前に丸型ポストが設置されています。
右上に薄く見えているのは"有明山"です。

『安曇野の風景と暮らし.lw・「大糸線」』
『安曇野の風景と暮らし.lw・「穂高」』
[PR]

by azumino_sky | 2006-10-18 19:25 | ┗JR大糸線
2006年 09月 30日
柏矢町駅
b0005708_18105880.jpgきのう、きょうと自転車で安曇野内をノンビリと走ってきたのですが、その際に撮った写真のうちの1枚です。

JR大糸線柏矢町駅の駅前は、整備工事が終わって随分と様変わりしました。

以前は、駅舎の右手(北側)に東屋がありました。
立ち寄った際にはそこで休憩したこともあるのですが、現在では(移築されたのか新たに建て直したのか確認しませんでしたが)南側のほうに移動されています。

駅舎自体には変化は無いようです。
なかなかいい雰囲気の駅舎なので、ずっと使い続けて欲しいものです。

『安曇野の風景と暮らし.lw・「大糸線」』
『安曇野の風景と暮らし.lw・「穂高」』
[PR]

by azumino_sky | 2006-09-30 18:24 | ┗JR大糸線
2006年 09月 03日
新しい架線柱
b0005708_22434882.jpgJR大糸線の古い架線柱はすでに基礎部分も撤去されてしまいました(一部区間だけなのかもしれませんが)。

新しい架線柱が、新品らしく輝いています。

『安曇野の風景と暮らし.lw・「大糸線」』
『安曇野の風景と暮らし.lw・「安曇野」』

「大糸線の架線柱」
[PR]

by azumino_sky | 2006-09-03 22:46 | ┗JR大糸線
2006年 08月 16日
架線柱の撤去跡、2
b0005708_2294466.jpg8月13日の「架線柱の撤去跡」では撤去されたJR大糸線の架線柱の土台部分の写真を載せましたが、この写真のような撤去パターンを見つけました。

写真が小さいのでわかりにくいかもしれませんが、中央の緑色の背の低いものが旧架線柱で、半分くらいの高さのところで切断されたままとなっています。

なにかに利用するのでしょうかね〜。

『安曇野の風景と暮らし.lw・「大糸線」』
[PR]

by azumino_sky | 2006-08-16 22:10 | ┗JR大糸線
2006年 08月 13日
架線柱の撤去跡
b0005708_21434688.jpg8月3日の「大糸線の架線柱」で、新旧の架線柱が並んでいる写真を載せましたが、とうとう古いほうは撤去されました。

バーナーかなにかで切断された根元の部分とコンクリート製の三角形をした基礎が残されています。

『安曇野の風景と暮らし.lw・「大糸線」』
[PR]

by azumino_sky | 2006-08-13 21:45 | ┗JR大糸線
2006年 08月 03日
大糸線の架線柱
b0005708_21561677.jpgJR大糸線の架線を支える柱はなかなか風情のある造りとなっていて自分は好きなのですが、少しずつコンクリート製のものに取り替えられています。

写真の左側が従来の架線柱です。
すでに架線は新しい柱の方に付け替えられていて、古い支柱は撤去を待つだけの状態となっています。

維持には手間とお金がかかるのかもしれませんが、こういうものを使い続けていればいずれはJR大糸線や安曇野の立派な観光資源となるのですけどね〜。
勿体ない話です。

『安曇野の風景と暮らし.lw・「大糸線」』
『安曇野の風景と暮らし.lw・「安曇野」』
[PR]

by azumino_sky | 2006-08-03 22:04 | ┗JR大糸線
2005年 06月 09日
訂正
6月3日に「DE10型機関車の重連」という文章と写真をUPしたのですが、昨日、この重連する機関車の写真を再度撮って確認したところ、形式が違っていますね〜。
「DE10型」ではありませんでした。
そもそも、車軸が4つしか無いです。

正しくは、「DD15 16 11」と「DD15 16 302」の重連です。

撮り直した写真は、あとでHPにUPするつもりです。

こちらもご覧ください。
『安曇野の風景と暮らし.lw・「大糸線」』
『安曇野の風景と暮らし.lw・「DD16」』


*こちらをご覧ください。

DD16型機関車の重連『安曇野の暮らし・18・「DD1516型機関車の重連」』
(別ウインドウで開きます)
[PR]

by azumino_sky | 2005-06-09 12:58 | ┗JR大糸線
2005年 06月 03日
DE10型機関車の重連
b0005708_20541657.jpg安曇野を南北に走るJR大糸線。
このところ毎日のように、DE10が2両編成で行ったり来たりしています。
どこの駅と駅の間を走っているのかわかりませんが、1日に2往復くらいしているようです。

低速で運転していて、近付いてくると機関車ならではの重たい振動が地面を伝わってきます。

油断していたところに走ってきたので、ブレた写真となってしまいました。
チャンスがあれば、また撮り直そうと思っています。

こちらもご覧ください。
『安曇野の風景と暮らし.lw・「大糸線」』
『安曇野の風景と暮らし.lw・「DD16」』

*下記のトラックバックにあるように「DE10」ではなく、「DD1516?」の重連でした。
[PR]

by azumino_sky | 2005-06-03 21:01 | ┗JR大糸線
2005年 05月 11日
JR大糸線
b0005708_19362430.jpg夕日を浴びて走るJR大糸線の普通列車です。

左側に向かって走っています。

欲を言えば、電車の後ろに見える田んぼや畑も水田だったら良かったのですけどね〜。

こちらもご覧ください。
『安曇野の風景と暮らし.lw・「大糸線」』
[PR]

by azumino_sky | 2005-05-11 19:44 | ┗JR大糸線