<   2004年 10月 ( 94 )   > この月の画像一覧

2004年 10月 31日
なんとか一段落
ブログとHPのタイトル変更を思い立って(「リニューアルに着手」)、作業を始めたもののいまだに終わりません。

バナーを作り替えたり、検索エンジンに修正登録をしたり、はたまたページを見直している最中にリンク切れなどの不備を発見してしまったりで、時間ばかりが過ぎていく感じです。

とりあずページのタイトルだけは新しい名称に統一できた(ハズ)なので、あとは急ぐ必要もなくのんびりと改造をしていくつもりです。
[PR]

by azumino_sky | 2004-10-31 23:03 | HP・ブログ運営関連
2004年 10月 31日
牧大根
b0005708_228135.jpgわが家の畑で育てている"牧大根"です。
安曇野ではよく栽培されている大根で、先の方が太くなっています。

晩ご飯のおかずは、七輪で焼いたサンマだったので、それ用に間引きも兼ねて抜いてきたものです。
[PR]

by azumino_sky | 2004-10-31 22:13 | 家庭菜園
2004年 10月 31日
曇り空
b0005708_165577.jpgきょうの夕方の北アルプス方面の様子です。

ご覧のように、灰色の雲に覆われてしまっています。
晴れていれば、"燕(つばくろ)岳"や"有明山"、"餓鬼岳"などが見える方向です。

朝7時頃にわが家の玄関先の温度計を見たところ、9℃ほどでした。
この時期の安曇野としては暖かい朝だったわけですが、きょうはその暖かさが1日続いています。
[PR]

by azumino_sky | 2004-10-31 17:02 | ┣安曇野の空
2004年 10月 30日
紅い雲のバツ印
b0005708_940895.jpgきのうの夕方の、南西の空です。

紅く染まった飛行機雲が2つ交差して、大きなバツ印を作っていました。



b0005708_21554157.jpg「雲」
[PR]

by azumino_sky | 2004-10-30 09:43 | ┣安曇野の空
2004年 10月 29日
大峰高原の"ススキ"
b0005708_9223193.jpg池田町の大峰高原で"大カエデ"を見たあと、すぐ近くの畑でススキが日を浴びて銀色に光っているのが目にはいりました。



b0005708_2192093.jpg「大峰高原の"大カエデ"」



"ススキ"の写真は、こちらにもあります。

b0005708_20501893.jpg「ススキと常念岳」
[PR]

by azumino_sky | 2004-10-29 22:00 | ┣安曇野の植物・動物
2004年 10月 29日
大峰高原の"大カエデ"
b0005708_2192093.jpgきょうの安曇野は穏やかに晴れていい天気となりました。

午後、オートバイで池田町の大峰高原に行き、有名な"大カエデ"を久しぶりに訪ねてみました。
ご覧のように、ちょうど紅葉の見頃だったようです。



池田町大峰高原の大カエデこちらもご覧ください。
『安曇野の暮らし・13・「池田町大峰高原の大カエデ」』(別ウインドウで開きます)
[PR]

by azumino_sky | 2004-10-29 21:12 | ┣安曇野の植物・動物
2004年 10月 29日
リニューアルに着手
HPとこのブログのタイトルを変更するなど、大幅なリニューアルに取りかかりました。

URLは同じですが、しばらくの間、新旧のタイトルが混在する状況になります。
ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いします。

ブログタイトル
新:『安曇野の風景と暮らし.ex』(旧:『ravenの空.ex』)

HPタイトル
新:『安曇野の風景と暮らし』(旧:『ravenの空(安曇野の風景と暮らし)』)
[PR]

by azumino_sky | 2004-10-29 17:48 | HP・ブログ運営関連
2004年 10月 28日
きょうの"常念岳"
b0005708_21232117.jpg午後1時頃に撮りました。

今朝もまた冷え込んで、松本の朝6時の気温が1.6℃だったとか。
その後、7時までの間にもう少し下がって最低気温は零度近くまでなったようです。
初氷や初霜などが観測された地域も多いのではないでしょうか。

北アルプスが冠雪している様子が、安曇野から見て確認できるようになりましたが、"常念岳"はご覧のようにまだのようです。

こちらもご覧ください。
『安曇野の風景と暮らし.lw・「山岳」』
[PR]

by azumino_sky | 2004-10-28 21:31 | ┣常念岳
2004年 10月 28日
冠雪した北アルプスと"わらぼっち"
b0005708_1937322.jpg山形村と波田町の境あたりの風景です。

冠雪した北アルプスが写っているのですが、この写真ではわかりにくいかもしれません。

この田んぼや畑の先は、梓川によって形成された"河岸段丘"になっているために地面が途切れたように見えています。



b0005708_13303014.jpg「山形村の"わらぼっち"2」



b0005708_15401333.jpg「波田町の田園地帯」



冠雪した北アルプスきょう、HPにUPした写真です。
『安曇野の暮らし・13・「冠雪した北アルプス」』
(別ウインドウで開きます)
[PR]

by azumino_sky | 2004-10-28 19:52 | ┣わらぼっち
2004年 10月 28日
子猫の救出
b0005708_1829573.jpg民家の駐車場の、プラスチック製のコンテナボックスが積み重ねられている場所から子猫がしきりに鳴く声が聞こえました。

民家と塀の隙間にでも迷い込んで鳴いているように思って、上から覗き込んでみたのですが、姿はありません。

まさか、と思いながら10段以上重ねてあるコンテナボックスを移動して、一番下に敷いてある木製のパレットを持ち上げてみると、高さ5センチも無いような隙間に子猫がうずくまっていました。

パレットの一部が折れていて、そこにコンテナの重さが加わり、子猫を地面に押し付けるような形になって身動きが取れなくなってしまったようです。

写真は、救出直後に撮ったもので、鼻の頭が泥だらけになっています。



b0005708_18481124.jpg駐車場は日陰だったので、ともかく日溜まりに移動。

身体が暖まって、子猫も元気を取り戻したようです。
幸いにもどこにも怪我は無いようで、1時間ほど子猫と遊んでしまいました。



b0005708_1854925.jpg安心したのと暖かくなったのとで、眠たくなってきたようです。

子猫がいるのは、自分のデイバッグの上です。

このあと、この民家の人に事情を説明したところ、その家で何匹か飼っている猫の子供ではないか、ということで引き取ってくれることになりました。

ひと安心したわけですが、連れて帰っても良かったかな、と少し思ったりもしています。



2005年9月27日、この子猫の動画をUPしました。
『安曇野の風景と暮らし・雑記帳・「子猫の動画」』
[PR]

by azumino_sky | 2004-10-28 19:07 | ネコ・猫・クー