タグ:記事 ( 8 ) タグの人気記事

2006年 12月 17日
ハニフ1
「信濃毎日新聞」の記事で知ったのですが、松本電鉄上高地線の新村駅に保存されている"ハニフ1"という車輛が、さいたま市に来年10月にオープンする"鉄道博物館"で展示されることになったそうです。

来年の3月にはトレーラーで運び出すとか。
それまでの間、新村駅で一般公開が行われるようです(12月23日より特定の日)。
詳しくはこちらをご覧ください。
『信濃毎日新聞・「"ハニフ1"号が鉄道博物館へ 松本電鉄が保存」』

以前、"わらぼっち"が"ハニフ1"を訪れたときの写真があります。
『安曇野麦わら帽子通信・安曇野コラム・「ハニフ1号竣工100周年イベント・新村駅(松本電気鉄道)」』

"松本電鉄上高地線"の沿革や各駅については、こちらにまとめてあります。
『安曇野の風景と暮らし.lw・「松本電鉄上高地線」』
[PR]

by azumino_sky | 2006-12-17 22:02 | その他(↓タグ分類有り↓)
2006年 12月 14日
ジャスコ三郷店、本館閉店後
11月7日に「ジャスコ三郷店の本館が閉店へ」というエントリーを書きましたが、きょうの「信濃毎日新聞」経済面に関連する記事がありました。

それによると、2007年1月14日の本館閉店とともに食料品館も店内改装に取りかかるために休店となるようです。
食料品館の再開は2月に、本館のほうは新しいテナントが入って春にオープンする予定だとか。

なにはともあれ、店舗そのものが閉鎖にむかうわけではなさそうです。

『安曇野の風景と暮らし.lw・「三郷」』
[PR]

by azumino_sky | 2006-12-14 21:52 | その他(↓タグ分類有り↓)
2006年 10月 15日
東京のムツゴロウ動物王国
"ムツゴロウ"こと畑正憲さん(もう71歳なんですね〜)の"東京ムツゴロウ動物王国"が経営の危機に直面してしまったようです。

詳しくはこちらをご覧ください。
『スポニチ Sponichi Annex・「ムツゴロウ動物王国が崩壊危機」』

北海道のほうは、もう完全に撤収してしまったのでしょうか?
それにしても、わずか2年あまりでこの事態とは・・・。
最初の計画がかなり甘くて、ムツゴロウさんはいいように利用されたような印象も受けるのですが、どうなんでしょうね〜。

今、確認したら「Yahoo! ニュース」でも採り上げられていました。
[PR]

by azumino_sky | 2006-10-15 18:33 | その他(↓タグ分類有り↓)
2005年 12月 10日
SONYの迷走、2
12月4日の文章「SONYの迷走」で触れたジャーナリストの阿部重夫ですが、最近のSONYに関してブログで取り上げているのを見つけました。

こちらをご覧ください。
『ソニーを包む「奇妙な沈黙」』
[PR]

by azumino_sky | 2005-12-10 23:36 | その他(↓タグ分類有り↓)
2005年 12月 04日
SONYの迷走
「昨夜は・・・」という文章を書いて以来、SONYの評判を「2ちゃんねる」や「価格.com」のクチコミなどで追っています。

さて、きょうは「2ちゃんねる」のソニー板やポータブルAV板で話題になっていることがありますね〜。
「熊本日日新聞」の「論壇」にジャーナリストの阿部重夫が書いた「ソニー蝕む"ウイルス"」という文章です。
ここにSONYが迷走している状況というかネット上で問題とされている点が、わかりやすくまとめられています。

さすがに転載するわけにいかないので、関心のある方はこちらをご覧ください。
「★欠陥★ウォークマンAシリーズ【NW-A1000/A3000】Part11」のNo685以降

*その後、専用スレができていました。
http://hobby8.2ch.net/test/read.cgi/sony/1133703910/l50

*こちらも参考になりそうです。
「Sony製 楽曲付きウィルスCD(RootkitCD)のまとめWiki」
[PR]

by azumino_sky | 2005-12-04 19:22 | その他(↓タグ分類有り↓)
2005年 11月 10日
ブルーシート
きょうの『信濃毎日新聞』に、ハザ掛けあるいはハゼ掛けされた稲が雨などで濡れないようにブルーシートを使用しているケースが多く、その青色が景観を著しく損なっているという意見があり、それを受けて松本市役所計画課が規制を検討したいとしているという記事が載っています。

ブルーシートというのは確かに目立っていて違和感があり、自分もハザ掛けの写真を撮る時はなるべくシートが掛けられていないものを探しています。

ブルーじゃなくて、例えば焦げ茶色あるいは薄茶色のシートだったらどうでしょう?
やはり、違和感があることには違いなさそうです。
透明なビニールを使用しているケースも見かけるのですが、被写体としてはやはり避けてしまいます。
透明ビニールであっても、美しい景観としては認めたくないという意識が働くわけです。

記事によると20年ほど前からハザや農業資材を覆うためにブルーシートなどが使われるようになったとかで、農業の長い歴史からすればごく最近のことです。
思い切った方向転換をするか、なにか別のいい方法を考えるか、まだ十分に間に合いそうです。

それにしても、この話は松本市が舞台で安曇野市ではないということが残念ですね。
安曇野市としても、田園の景観をどう守っていくのかを、松本市以上に具体的にかつ早急に対策をたてていかないと、時が経てば経つほど取り返しがつかない事態になるでしょうに。
田園風景こそが安曇野の最大の魅力であり観光資源なのですから。

合併前や市長選&市議選の時には、あれほど「安曇野の景観を守り・・・」なんて連呼していた人達は地位が確定した現在、何をしているんでしょうか?

ハザ掛け『安曇野の暮らし・20・「ハザ掛け」』
[PR]

by azumino_sky | 2005-11-10 22:42 | その他(↓タグ分類有り↓)
2005年 10月 07日
安曇野は「日本の原風景」?
10月1日に「安曇野市」が発足したわけですが、それにちなんだイベントや記事、あるいは市長選に立候補を予定している人の発言などを多く見かけるようになっています。

で、気になったことをひとつ。

一例として挙げると、10月7日付けの「信濃毎日新聞」折り込みの「週間まつもと」で"安曇野市を歩く"という特集が組まれているのですが、そのマップ(地図)のページに「・・・清らかな水に彩られた日本の原風景をたずねる・・・」という表現があります。
もちろん安曇野についてのことなのですが、この記事だけでなく、最近は「安曇野=日本の原風景」という表現の文章や発言録をよく目にします。

はたして、安曇野は「日本の原風景」なのでしょうか?

日本各地の農村、山村、漁村などはそれぞれの気候風土に応じて土地を活用し、多様な風景を生み出してきているわけです。
例えば海沿いの集落と雪国の山深い集落では景観が異なっていて当然なわけで、それぞれの地域にはその土地ならではの歴史と美しさがあります。
それを信州の一地域に過ぎない安曇野が「日本の原風景」として集約しているわけがないのです。

また、現在の安曇野は、"圃場"整備が終了して本来の土地の起伏を強引にねじ曲げて造った長方形の田畑が並んでいますし、用水路のほとんどはコンクリート護岸やU字溝です。
屋敷林が切り倒され、田畑が宅地になり、黄緑色やオレンジ、紫、ピンク!といった色の外壁をもつ家も増えてきています。
もちろん茅葺きの民家などは、安曇野に住んでいる自分たちでもどこに残っているのか教えて欲しいくらいです。

現在の安曇野では、「安曇野の原風景」を見つけることさえ難しくなってきているのです。

安曇野が「日本の原風景」などという表現は、他の農山村や漁村を見てまわったことのないような無知な人間が発する思い上がった言葉のようにしか思えませんね〜。

別の言い方をすると、「日本の原風景」を現在の安曇野レベルだと認識しているような人達が行政やマスコミにいるという事態は、非常に"お粗末"なように思います。

「日本の原風景」なら、先人たちの残した風景を守り続けている美しい場所が日本各地にまだまだたくさん残っています。
[PR]

by azumino_sky | 2005-10-07 15:46 | その他(↓タグ分類有り↓)
2005年 05月 09日
不自然な運転
5月2日に「オーバーランの原因は?」という文章を書いたのですが、きょうの報道にこういう記事がありますね〜。

「事故直前に不自然運転 停止超過や非常ブレーキ」(共同通信社)

安全運転のために、事業者は各運転士が緊張感を持続するとともに心身共にゆとりをもてる環境を整備しなければならないハズ。
JR西日本という会社は、逆のことをしていたようにしか思えませんね。
[PR]

by azumino_sky | 2005-05-09 10:57 | その他(↓タグ分類有り↓)